拘りの工事をしている吉源工務店なら安心して任せられる

必要な費用

家の中

土地の費用と工事の費用

注文住宅を建てるときには、分譲住宅を購入するときよりも多くの予算が必要です。予算は、「土地を購入する費用」と「注文住宅を建てる費用」の二つに分けられます。土地の売買契約では、土地の価格の10%程度の手付金が必要です。湘南で5000万円で土地を購入した場合、500万円の手付金が必要になる計算です。さらに売買契約書作成時に収める印紙税、仲介手数料、登記費用、司法書士への報酬金などの諸経費もかかります。こうした諸経費だけで、土地購入費用の6%近くになることもあります。土地の購入費用はすべて自己資金で支払うのが理想的です。次に必要になるのが注文住宅を建てる費用です。工事請負契約をしてから住宅完成に至るまで、何段階かにわけて工事費用を支払います。湘南で注文住宅を建てる場合、最初に地盤調査や敷地調査を依頼しますが、その調査費用が必要です。そして工事請負契約を締結したら、工事費用の10%の契約金を支払います。注文住宅が着工したら、工事費用の30%程度の着工金、上棟時には工事費用の30%程度の中間金を支払います。そして湘南に注文住宅が完成して引き渡しを受けるときに、残金をすべて支払います。住宅ローンを利用する場合、湘南に注文住宅を建てる前に金融機関でローンの申し込みをしておきます。ただし、ローンが実行されるのは引き渡しのときです。それ以前の着工金や中間金などは自己資金で支払うか、つなぎ融資を利用して納めるのが一般的です。